LOGO


泡立て方法と洗顔法をマスターしましょう。

泡の質で異なる「洗顔の効果」

 

洗顔の際の理想の泡質は「ふっくら・もっちり・弾力のある泡」です。量が少なくて水分の多い「きめの粗い泡」での洗顔は、直接手が肌にふれるので大切な肌の表面を傷つけてしまう恐れがあります。
また、きめの粗い泡では毛穴の汚れを充分に吸着できません。毛穴に残った汚れは酸化したり、汚れを色素沈着させ、ターンオーバーをも乱し、シミを誘発します。

 

COPY
手が汚れていると泡立ちが悪く、弾力のある泡がつくれません。まずはきれいに手を洗いましょう。先に32℃くらいのぬるま湯で顔をすすぎ洗いしておきます。

なぜ32℃?
人の皮膚の理想温度は32〜34℃です。皮膚の理想の温度である、肌に負担をかけないぬるい温度で洗うのが美肌をつくる秘訣。熱過ぎると必要な皮脂を取り過ぎて乾燥肌を招きます。また、冷たいお水だと汚れが落ちにくくなります。

 

COPY
COPY ①石鹸をぬるま湯に3秒位ひたし、ネットの中に石鹸を入れます。

 

COPY ②少しのぬるま湯を加え、ネットの口をつまみ、力を入れずに円を描くように手早くこすり合わせていくと徐々に水分が泡に変わっていきます。このとき、空気を充分に入れるようにすると弾力のある泡が上手に出来ます。
石鹸を取り出した後も手早くこすり合わせて水分をすべて泡に変えます。指からこぼれおちる水分の多い泡を素早くネットにもどします。

 

COPY ③きめ細かい弾力のある泡になってきたら、下から上へネットをしぼりあげるように泡を片手に取りましょう。

 

COPY ④片手にふっくら乗る位の量が目安です。手のひらをひっくり返しても、落ちない位の弾力泡になったら完成です。

 

COPY
泡を皮脂の多いTの字からのせます。全体にのせたら泡の上をゆっくり500円玉くらいの円を描くようにします。このとき3分間程度泡パックしてもOK。
※乾燥肌の方は、泡パックの時間を短めに。最後に32℃位のぬるま湯で泡を完全に落とすまでしっかりすすぎます。
朝は<宝潤>でこの手順通りに泡立てて、洗顔して下さい。メイク時は、グランマチュアのクレンジングジェルでメイクを落としてすすいだ後に、この手順で<宝潤>のダブル洗顔をオススメします。


COPY
     量:片手にのるくらい
     吸着力:手をひっくり返しても落ちないくらい
     弾力:両手に泡が均等にくっついて広がるくらい

汚れを蓄積させないこと!これが美肌をつくるPOINTです。